【グッズデザイン制作のヒント】『ピンズ』ができるまでの工程をグッズデザイナーがご紹介します!

LEM
こんにちは!グッズデザイナーのLEMです☆
2021年もキャラクターグッズの魅力について発信してきますよ~♪

この記事を書いた人

LEM(レム)@グッズデザイナー

アニメ・キャラクター専門のグッズデザイナー

自身も推しグッズの収集オタクであることを強みに
エンドユーザーの心を掴むグッズのご提案からデザインまで
トータルでプロデュースいたします!

【主な実績】
・アニメ、ゲーム、声優イベントやライブの物販グッズのデザイン
・アニメ、ゲームなどの自社、他社IPのキャラクターグッズのデザイン
・イラストレーター さんのオリジナルキャラクターグッズのデザイン
・キャラクターグッズの企画・提案・デザインなど

もくじ

LEMちゃんのキャラクターグッズ第1号ができました☆

当Webサイトのマスコットキャラクター『LEMちゃん』のピンズを作ってみました♪

今回はこのピンズができるまでの工程をご紹介しようと思います。

【グッズデザイン制作のヒント】も盛り込みましたので、要チェック☆

LEM
ピンズがどうやってできるのか知りた~い☆

今回のピンズは株式会社イズム様(Twitterアカウントはこちら)に制作していただきました!

LEM
素敵に仕上げていただきありがとうございました☆

ところで、みなさんは『ピンズ』というグッズをご存じでしょうか?

魅惑のアイテム、ピンズの世界

ピンズとは、金属プレートの裏面に垂直に出た針を衣服やカバンなどに刺して、針先をバタフライクラッチと呼ばれる金属の留め具で固定するバッジのことをいいます。

金属部分はゴールドやシルバーなどが主流ですが、メーカーによっては種類がある場合もあります。

表面から見える主線の部分は凸になっていて、金属部分が見えます。

色を入れる塗りの部分は凹になっていて、凹の部分に色を流し込んでイラストを表現します。

コレクターズアイテムとしても根強い人気があり、キャラクターグッズでも定番の人気アイテムです。

LEM
金属製だから高級感があるよね☆

グッズデザイン制作のヒント

その① 注意事項を確認せよ!

下記画像はメーカー様からいただいた、ピンズのデータ作成時の注意事項になります。

※細かい仕様は各メーカー様によって違いますので、都度確認するようにしましょう。

ピンズは凹部分に色を流し込むので、流し込む面積が小さすぎるとインクが入れられないのです。

本体サイズも25mmと小さいので、そのサイズ内で上記指定を守ってデザインを作成していきます。

LEM
グッズデザイナーの腕の見せ所だね☆

その② 線幅を攻略せよ!

当初LEMちゃんをバストアップくらいで入れたいなと考えていて、実際に作業してみたものがこちらになります。

LEM
顔が潰れてる!!!!!(ガーン!)

主線の凸部分を0.3mm、色入れの凹部分を0.5mmにしないといけないのが非常に難しく、このイラストだと下まつげや襟元部分は調整不可能と判断しました(泣)

なるべくキャラを大きく入れつつ可愛い見せ方を考えた結果がこちらです。

LEM
ピョコっと覗いてる!ロゴも入ってるね☆

こちらで一度メーカー様に確認をしていただいたところ、赤枠部分を0.5㎜以上にして欲しいというご指摘でした。

グッズデザインの線幅の壁〜〜〜!!

LEM
結構調整したのに!!!!!(ガーン!)

キャラクター自体の見た目が変わらないように気をつけつつ、細かく微調整していきます。

こちらがFIXしたデザインになります。

LEM
グッズデザインは線幅を攻略すべし☆

その③ PANTONEで色の指定をせよ!

グッズ制作に関わる人達(デザイナー・クライアント・メーカー・印刷現場など)の色の認識を統一させるために、流し込む色は『PANTONE』という色見本帳から選んでいきます。

Illustratorのソフト上でもPANTONEの色指定はできますが、モニターで見る色と実際のチップの色は誤差があるので、できるならチップの現物を見ながら選ぶようにするといいですよ!

LEMちゃんにはたくさんのピンクが使われています〜ピンク大好き♪

LEM
出来上がりが楽しみだね☆

ピンズが完成!

めちゃかわなピンズが完成しました!作りもしっかりしていて高級感がありますね!

金属部分の厚みもしっかりあって、細かい部分にも色がちゃんと流し込みされていて感激!!

LEM
データ通りの仕上がりで感激☆

グッズデザイナーLEMのこだわりポイント

画面上で見るWebサイトや、細かく印刷できるフルカラーの印刷物と違って、グッズは物として成立させるための制約や限界がアイテムの数だけたくさん存在します。

今回はキャラクターのバストアップにしたかったけれど線幅の都合で断念…でもそこで制作自体を諦めるのではなく、その制約の中でもより良い表現でグッズにできるようにアイデアを練ります。

出来上がったデザインのようになるべくパーツを大きく表現しつつ、かつ可愛くなるように考えるのもグッズデザインの醍醐味だと思っています。

LEM
グッズデザイン大好き☆

グッズデザインならLEMにおまかせください!

ご自身のキャラクターをグッズにしてみませんか?

企業様の自社キャラクターグッズや、イラストレーター様のオリジナルグッズなども承っております!
「こういった事もできますか?」といった相談ベースでもお気軽にお問い合わせください。
お見積もりは無料で対応させていただきます。

LEMちゃんピンズのアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

LEM(レム)のアバター LEM(レム) グッズデザイナー

【アニメ・キャラクター専門のグッズデザイナー】

自身も推しグッズの収集オタクであることを強みに、
エンドユーザーの心を掴むグッズのご提案からデザインまで、
トータルでプロデュースいたします!

もくじ
閉じる